方向性の法則が存在しない相場

fsfd8sdoii 今日は方向性の法則が存在しない相場に関してご説明します。 相場の流れは簡単にお伝えすると、間違いなく先読みすることは無理です。 どうしてかと言うと一括して管理する担当者が存在しないからです。

細かく伝えると世界規模で24時間実施されているのが、FX取り引きなのです。世界規模で毎日休みなく、取引が行われると言う事は一人のトレーダーがどれだけ頑張ったとしても無駄だと言うことになり、相場の流れを自ら作るためには同じ進行方向に向かっていると判断した大勢のトレーダーがトレードすることが必要不可欠となります。

同じ進行方向に向かっていると判断しているトレーダーが上昇と下降の両方に同等に分散している場合は 相場の流れがストップします。

FX攻略のブログなどでもよく、三角保ち合いと言うワードを耳にしたことがあると思います。 このことはトレーダーのバトルと言っても過言ではありません。FXもプロの方がもちろん存在します。銀行の職員であったり、投資会社の社員であったりと様々なプロの方達と同じです。

しかし、いくらFXのプロとは言え三角持ち合いになった時は、どちらの方向に進むべきか判断できかねます。従って自分の取引数を増加させたり、減少させたりして自分にとって好都合な動きをするように売買を進めます。

取引量が一気に少なくなるのでは無く、 どちらに動くのか先が読めない為に緻密に勝負をしているのだと考えてください。

三角保ち合いは緻密に勝負を続ける限り続行しますが、その角度が小さくなった時、プロである投資家は一気に勝負に出ます。

一気に仕掛けることで、三角保ち合いで溜め込んでいた力を 一気に解放します。このタイミングで失敗したと判断した投資家が 一度に損切りする為に三角保ち合いが解放されると一気に相場が変動します。

知識がまだ無い方は三角保ち合いのケースはトレードを避けたほうが無難でしょう。違う流れに進んだ場合に多大な損失を出してしまう可能性が限りなく高いからです。もし利益を上げることができたとしてもそれはただ運が良かっただけであり、緻密なテクニカル分析での決断で無いのであれば近い将来必ず大きな損失を出すでしょう。

三角保ち合いは「解放された方向に行かないトレーダーの方が多数の場合」、 瞬時に逆方向に動きを変える場合があります。この動きを騙しと言います。判断が極めて難しい動き方のケースです。

トレードの軸は自分自身で相場を見極める事。ハイローを攻略目標としても海外FXで稼ぐ為には、難しい相場の時はトレードを避けることも重要でしょう。