FX情報商材は大抵が無意味である

fsd86oii 私は今までに数多くのFX情報商材にお金を費やしてきました。今現在までに購入した金額は、とうに数百万を上回っています。

・裁量トレード

・自動売買(MT4のデモ口座)

・システムトレード

・シグナル配信

 様々な多くの商材をこれまでに購入してきました。情報商材に関する広告文句は非常に興味を持たれるように作られており、ページを眺めている人を魅了し購入の意欲を湧かせます。そして数多くの人達がその誘惑に負け、お金を払います。その時の当事者の気持ちとしては、「これで自分も儲けられる!富裕層になれるぞ」というものでしょう。

しかし、その感情はたちまちリアルな世界に連れ戻されます。99.99%セールスレター通りには、上手くできません。一時的には結果がみられるものも中には存在します。

しかし、その結果が未来永劫手に入ることはまずないのです。落ち着いてよく、考えてください。「本当にがっつり儲ける方法、情報を人に教えるでしょうか。」「微々たるお金で何千万、何億と稼げる情報を手に入るでしょうか?」普通に考えれば答えは分かりますよね。無理です。

では、何のために販売者は売るのか?答えは簡単。彼らは情報という商品を売って稼いでいるだけです。別にFXトレードで稼いでいるわけではないのです。

もし自分が儲けていなくとも、いかにも儲けているかのように見せかけ、その手段をそれらしく教材化すれば、それは商品として成立するのです。販売者がその手段で稼いでいない、という事実を立証するのは不可能ですし、したがって詐欺行為を立証することは困難極まりないのです。販売者達は、それを理解している上で儲かる商売をしているだけなのです。中には稀なケースとして、トレード自体を学問的に捉え、その手段?導き方を教えてくれる人もいないことはないです。

しかし、そうだとしてもその人がトップクラスのトレーダーであることが事実であったとしても、その人の商材を買った人が同じようにトップクラスのトレーダーになれるとは言えません。FXで勝負ができるようになるには、商材や教材自体ではなく、手法を研究する過程が絶対に不可欠です。ですので、どんなに商材にお金をかけても関係ないのです。

この事実を認識しない限り、全ての情報商材は、無意味なものとなります。仮に本当に意味あるものに出会えたとしても、気づくことすらできません。再び新たな商材に目が移り、ノウハウコレクターとなるのが落ちです。悲しいラストですね。大半の人がこのような道に向かっていることに気づかなければならないですよね。知識と経験のバランスを保ちながら取り引きに挑むのが一番の攻略だと思います。初心者がある程度取り引きについて学習できる環境を整えている業者として、24オプションがあります。初心者に対する24オプションのボーナスも魅力的です!